男性特有の臭いや敏感肌、乾燥などについてのよくある質問と答えとボディケアのコラム

 

よくある質問

敏感肌でも使用できますか?どんな肌タイプでも使用できますか?

スパッシオは脂性肌や乾燥肌など、肌質を問わずどんな肌質の方でも、敏感肌の方でもお使いいただけます。

男性特有の不快臭の原因は?

男性特有の不快臭の原因は「2-ノネナール」や「ジアセチル」にあると言われています。 2-ノネナールは油臭くて青臭い、加齢臭の臭いのする不飽和アルデヒドの一種で、毛穴に存在する皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化してできたニオイの成分です。 若い人は皮脂腺から脂肪酸が分泌されても、ホルモンが酸化しないよう働きかけますが、40歳を過ぎるころから人間はホルモンの働きが衰えてくるため、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化してしまいノネナールが増加してしまいます。 ジアセチルはヨーグルトやチーズなど、発酵食品の主要な臭い成分で、人の皮膚上にあるブドウ球菌が汗に含まれる乳酸を取り込んで代謝分解し、産出されます。 ※ノネナールは登録商標です。

自分で自分の体臭を感じたことがないのですが、大丈夫ということでしょうか?

自分の体臭というのは、「自分の周りをずっと取り巻くにおい」でもあるため、そのにおいを感じる感覚がマヒしてしまいます。 お部屋の芳香剤が最初心地よく香っても、長時間過ごすとだんだんそのにおいに慣れて香りを感じにくくなるのと同じ理屈です。 すなわち、自分で自分の体臭を感じないから自分は大丈夫、ということにはなりません。

肌はなぜ乾燥するのでしょうか?

私たちは多くの化粧品と美容情報に囲まれ、日々せっせとスキンケアをしていますが、そのスキンケアが間違っていると、自らお肌の保湿能力を弱め、乾燥肌に陥ってしまっています。 皮膚科を受診する人のほとんどは、皮膚疾患などが原因ではなく、スキンケアが間違っていることによって乾燥肌になっているそうです。 例えば、皮脂を落とし過ぎたり、肌に合わない洗浄剤を使用することが原因です。 また、近年は、極端なダイエットや偏食、ファストフードの多用、欧米型食生活の浸透などにより、10代でもお肌の乾燥に悩む人が増えています。 さらに、睡眠不足、エアコン、ストレス、入浴など、私たちの日常生活には、角質層の保湿機能を低下させる要因がたくさん潜んでいます。

「イルカ肌」とは何ですか?

イルカのようにスベスベツヤツヤで弾力のある肌のことです。 イルカの皮膚は水中での水の抵抗を減らし速く泳ぐために、なんと2時間ごとに新しい皮膚へと変わり、古い皮膚は常に垢として体の表面から落ちています。 この新陳代謝により、イルカは常にスベスベツヤツヤで弾力のある肌を保っているのです。

スパッシオで顔や頭を洗っても問題ありませんか?

スパッシオで顔を洗っていただいても問題ございませんが、使用感を考慮すると頭はモンゴ流シャンプーEX®で洗うことをおすすめします。

角質をしっかり取り除くために、ゴシゴシこすった方がいいでしょうか?

いいえ、いけません。 肌をゴシゴシこすってしまうと、角質だけでなく、皮下組織にまでダメージを与えてしまい、バリア機能が失われ、肌が乾燥しやすくなるだけでなく、赤みや黒ずみの原因にもなります。また、にきびを余計に悪化させ、陥没の跡を残してしまうこともあります。 ゴシゴシこすらなくても不必要な汚れは十分落ちるので、撫でるように優しく洗うようにしてください。

疲れは肌の悪化に影響しますか?

はい、影響します。 頭を使うときも、体を使うときも、細胞がエネルギーを生み出すには酸素が必要です。この過程で生じるのが活性酸素で、オーバーワークになると大量の酸素を消費するため、活性酸素の量もぐんと増えます。 この活性酸素が、体内の脂質と結合して細胞を酸化させます。つまり、お肌をサビさせるのです。 酸化した細胞は他の正常な細胞にダメージを与えることで、メラニンを異常に作り出してしまったり、コラーゲンを作り出す力を妨げたり、ターンオーバーを狂わせたりといった事を引き起こします。 そして、活性酸素に加えて炎症や紫外線などがお肌の内部にダメージを与え、そのダメージが積み重なる事で肌老化が進んでしまうのです。 食生活や大気の汚れ、喫煙もお肌を疲れさせてしまうといわれており、大丈夫と思っていても意外とお肌に疲れがたまっていることもあります。

睡眠の質は肌に影響しますか?

はい、影響します。 私たちの肌では、眠っている間に「ターンオーバー」が起こっています。 ターンオーバーにおいて重要な役割をするのが、「成長ホルモン」で、私たちの体では、この成長ホルモンが脳から分泌されることで、肌にターンオーバー開始の命令を下します。 様々な研究から、この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されることが知られています。 つまり、寝ている間にお肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているのです。

入浴後ボディクリームなどは使うべきでしょうか?

スパッシオにはマリンムチンハチミツなどの、世界的に名高い保湿成分と、それらを包み込み、肌から逃さずしっかり保護するアクリレーツコポリマーが配合されているため、入浴後にボディクリームを塗布する必要はありません。

「スパッシオ」の名前の由来は?

不快臭や古い角質層、身体の疲れなどをスパッと断つ、塩(シオ)を配合した画期的なボディシャンプーであるため、「スパッシオ」と名づけました。

赤ちゃんや妊婦でも使って問題ありませんか?

問題ございませんが、スパッシオにはメントールが配合されているため、メントールが苦手な方はご注意ください。 また、身体に異常が現れた場合はすみやかに専門医にご相談ください。

防腐剤や界面活性剤が心配です。

防腐剤や界面活性剤は厚生労働省の化粧品基準に厳密に従い、化粧品を作る過程、または品質保持のために必要な最低限の量だけにとどめ配合しておりますので、安心してご使用ください。 尚、特定の成分に対してアレルギーをお持ちの方は各製品の配合成分表示をご確認ください。

 

ボディケアのコラム

キウイ

ビタミン等の栄養豊富な人気トップのキウイで健やかな肌を維持!

需要が衰えることのないフルーツの中で、消費額の伸び率が今や「キウイ」がバナナやリンゴを抑えてトップに君臨しています…

あかすり


「あかすり」ってすごい

韓国のポピュラーな美容法である「あかすり」ですが、かつて日本にも一大ブームを巻き起こし、今やサロン、温泉施設などで…

ビタミン豊富

ビタミンとは健やかな身体を維持するために欠かせない栄養素

ビタミンとは、健やかな身体を維持するために欠かせない栄養素です。人間の三大栄養素(炭水化物[糖質]、タンパク質、脂質)からビタミンとは…

紫外線


ボディの紫外線対策でいつまでも若々しく

肌の大敵、紫外線。
顔や首だけでなく、ボディへも意識を向けることで数年後の自分に自信を与えることができます。…

ビタミン豊富


大昔から親しまれている
「メントール」

メントールとは「歴史上最も古い栽培植物」の1つと言われているハッカやミントに含まれる爽快成分です。
ハーブとしても有名なハッカは…

乾燥肌


ムコ多糖で乾燥肌に潤いを!

歳を重ねるにつれ、肌の乾燥が気になりますよね。ちょっとした刺激に弱くなるのも、乾燥が原因でバリア機能が低下しているのかもしれません。 …

 


 

モンゴ流ボディシャンプー
スパッシオ400mL
泡立てボール付!

¥ 3,240(税込)
ポイント10%還元!

お買い物カゴはこちら

 

モンゴ流JOINBOX
シャンプーEX400mL
+スパッシオ400mL

【約10%お得】¥ 7,560(税込)
ポイント10%還元!

お買い物カゴはこちら

 

モンゴ流クールJOINBOX
クールブリーズ400mL
+スパッシオ400mL

【約10%お得】¥ 7,560(税込)
ポイント10%還元!

お買い物カゴはこちら

 

モンゴ流ボディシャンプー
スパッシオ トラトラセット
8mL×6包入り

¥ 540(税込)
ポイント還元対象外

お買い物カゴはこちら

 

ボディシャンプースパッシオ よくある質問 top