いつまでも若々しく自信のあるボディへ

ボディの紫外線対策でいつまでも若々しく

肌の大敵、紫外線。
顔や首だけでなく、ボディへも意識を向けることで数年後の自分に自信を与えることができます。歳を重ねても若くはつらつとしている人は、ボディなど見えない部分のお手入れも怠っていません。毎日、目にする自分のボディが美しく若くいられることは自分の自信へとつながっていきます。紫外線ケアは長い目で見て、適切に続けることで見た目に表れてくるものです。
今日からボディの紫外線対策も意識しませんか?

 

日差し

UVAとUVB

地上に降り注ぐ紫外線の95%はUVAという種類の紫外線。しわやたるみと大きく関係しており、肌の奥深くにまで達し、長い時間をかけて肌に影響を与えます。ですから、若い時期に浴びたUVAが長い年月をかけて、中年期のしわやたるみの一因となっているということがいえます。UVAは雲やガラスを通り抜けやすく、また年間を通して一定量が降り注いでいるので毎日の対策が欠かせません。
もう1種類、UVBという紫外線があります。UVBは地上に到達する紫外線のわずか5%ですが、強いエネルギーで肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を起こします。肌表面の細胞やDNAを傷付けるなど生体への影響が大きい紫外線で、シミやそばかすの原因となります。日傘やサングラスなどで防御すると効果があります。

日焼け止めのSPAとPA

紫外線対策といえば、日焼け止めですが、SPAとPAの値に注目して、ライフスタイルにあった日焼け止めを選ぶことが大切です。
SPAはUVBを防ぐ値を表しており、2~50+の数値(数字が大きいほど効果が高い)で表します。PAはUVAを防ぐ値で、+~++++の4段階(+が多いほど効果が高い)で表します。 晴天の日に長時間、屋外でスポーツやレジャーなどを楽しむ場合はPA +++~++++/SPF 50、スポーツや通勤、散歩などにより屋外で1~2時間過ごす場合はPA ++~+++/SPF 20~30、ごみ捨てやちょっとした買い物、洗濯物を干す場合などはPA ++/SPF 20。
数値が高いもの程、肌への負担も大きいので、注意が必要です。また、適量をムラなく塗ること、2~3時間おきに塗り直すことが日焼け止めを使うポイントです。

   

ボディの紫外線対策

服で隠れているとはいえ、ボディも毎日、紫外線を浴び、その影響は少しずつ目に見える形となって表れてきます。年齢を重ねるほど人に見られることを気にする必要はなくなってきますが、自分が気持も若くあり続けるために、何らかの対策をオススメします。
さて、ボディへの対策といっても、毎日体中に日焼け止めを塗ることは現実的ではありません。習慣として続けていくためには簡単な方法が良いでしょう。
モンゴ流ボディシャンプースパッシオは毎日身体を洗うだけでボディの紫外線対策ができます。セラキュート-Lが紫外線や乾燥から肌を保護します。
モンゴ流ボディシャンプースパッシオは保湿成分も充実しており、肌を保湿することで紫外線のダメージにも強くなります。

 

プールや海など水レジャーでの日焼け

日焼けをしてしまったら

プールや海などのレジャーで肩や背中など、UVBによる日焼けをしてしまった際も適切な対処が行うことが大切です。肌のダメージを最小限に抑えましょう。
赤くヒリヒリする日焼けは軽い火傷の状態で、まず1番は冷やすことが重要です。冷たいシャワーを浴び続けては身体が冷えてしまいますので、冷やしたタオルを幹部に当てる方法を取りましょう。次に火傷した肌は、乾燥している状態ですので、化粧水もしくは軟膏などで保湿してあげなければなりません。さらに肌はダメージを受けた状態ですので強い洗浄力のあるボディソープで洗うと、刺激になってしまいダメージが広がることになります。肌に優しいタイプで洗いましょう。
モンゴ流ボディシャンプースパッシオアミノ酸洗浄成分配合で肌に優しく、保湿力も高いので日焼け後のデリケートな肌にも適しています。また配合成分の1つ、アロエベラ葉エキスは日焼けの痛みを和らげ、肌の回復を助けます。

 

< 前のページを見る

目次へ戻る

次のページを見る >

 


 

モンゴ流ボディシャンプー
スパッシオ400mL
泡立てボール付!

¥ 3,240(税込)
ポイント10%還元!

お買い物カゴはこちら

 

モンゴ流ボディシャンプー
スパッシオ トラトラセット
8mL×6包入り

¥ 540(税込)
ポイント還元対象外

お買い物カゴはこちら

 
 

 

ボディシャンプースパッシオ よくある質問 top