知って備える頭皮トラブル|モンゴ流スカルプエッセンス「Deeper®」

Deeper®トップ > 知って備える頭皮トラブル

頭皮の健康チェック



頭皮トラブルを予防するには、まずはその原因や対策などの情報を知ることです。
各トラブルにおける原因と対策を確認し、健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


 

 

頭皮のかゆみの原因と対策、そしてDeeperで頭皮臭に対してどう改善していくのか



頭皮のかゆみを感じることは、誰でも一度はあると思います。
すぐに収まる程度のかゆみなら心配はありませんが、その具合や原因によっては早めの対策が必要です。
原因と対策を確認し、健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


原因

①炎症(湿疹など)

頭皮には毛穴が多く皮脂や汗の分泌が盛ん。それらの分泌物が刺激となり、ストレスなどの要因と相まって炎症が起き、しつこいかゆみが生じる。

②乾燥

頭皮が乾燥して水分量が減少すると、バリア機能が低下し、刺激に対して過敏に反応しやすくなる。すると、フケやかゆみが発生しやすくなる。

③カビの繁殖

誰の頭皮にも存在している常在菌、皮脂を食べて生きるマラセチア真菌や癜風菌(でんぷうきん)が皮脂量の増加などにより増えすぎると、フケやかゆみの原因になる。

対策

①抗炎症成分を補給する

収れん(肌の引き締め)作用のある成分を補給し、皮脂の過剰な分泌をコントロールしたり、抗炎症成分を補給することで、頭皮の炎症を防ぐ。

②保湿・刺激の回避

保湿成分を頭皮に直接補給し、頭皮に潤いを与え水分量をコントロールしたり、刺激になるパーマやカラーリングなどは避ける。

③殺菌・抗菌成分の補給

脂とフケが多いときはカビや雑菌の繁殖がかゆみの原因となっている可能性が高い。頭皮に殺菌・抗菌成分を補給し、カビや雑菌の繁殖を防ぐ。

頭皮の炎症等の頭皮トラブルは、突然始まらず前兆として、注意喚起のようなサインを出してくれます。
その1つが「頭皮のかゆみ」です。つまり、頭皮がかゆいと感じたときは、スカルプケアを始めることを考えましょう。
あなたを悩ませるかゆみとお別れするべく、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る

 

 

頭皮の臭い(頭皮臭)の原因と対策、そしてDeeperで頭皮臭に対してどう改善していくのか



近年、数ある頭皮トラブルの中でも「頭皮臭」に悩む方が男女問わず増えています。
頭皮臭は、さまざまな原因が複合されたニオイであるために、多角的に対処していかなければなりません。
原因と対策を確認し、健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


原因

①毛穴よごれ

頭皮は毛穴が大きく数も多いため、汗や皮脂、フケといった老廃物が残りやすい。これらが酸化してこびりつき、毛穴に詰まることもニオイの原因となる。

②皮脂

皮脂の中に体臭成分「ノネナール」が加齢などのため発生する(=加齢臭。男性だけでなく女性にも起こりうる)。また汗と皮脂が混ざり合い酸化する事で嫌な臭いが発生する。

③酸化

洗髪後に髪を乾かさないことなどにより頭皮の活性酸素が増加し皮脂の酸化が促進され、動物性蛋白質が腐ったような臭いが発生する。

対策

①正しい洗髪で毛穴汚れを落とす

晩の洗髪時に、頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用しているスカルプシャンプーを用いて洗髪する。爪などで頭皮に刺激を与えないよう洗髪する。

②毛穴を引き締め皮脂の分泌を抑制する

毛穴を引き締める収れん作用のある成分を頭皮に補充する。女性の場合は女性ホルモンをサポートする成分を補充するのも効果的である。

③活性酸素を除去

洗髪後にしっかりドライヤーで髪を乾かすのはもちろん、活性酸素を除去する効果のある成分を頭皮・毛髪に補充し酸化を防ぐ。

複合的な原因が合わさって発生する頭皮臭だからこそ、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る

 

 

頭皮の乾燥の原因と対策、そしてDeeperで頭皮臭に対してどう改善していくのか



頭皮の乾燥はフケやかゆみを引き起こす原因になります。
それだけでなく、乾燥は肌の免疫力を低下させるため、トラブルの起こりやすい頭皮になってしまいます。
原因と対策を確認し、健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


原因

①洗髪の方法やシャンプー選び

爪を立てて頭皮をゴシゴシひっかいたり、シャンプーのし過ぎなど過度な洗髪により頭皮に負荷がかかり乾燥の原因になる。

②加齢

加齢とともに、皮脂腺の働きが衰えたり、頭皮の角質層にある「セラミド」という保湿成分の量が減少してしまうため頭皮が乾燥する。

③季節的要因・環境的要因

空調による空気の乾燥や、冬場の空気の乾燥や寒さによる血行不良などが原因で、頭皮が乾燥する。

対策

①正しい洗髪で毛穴汚れを落とす

晩の洗髪時に、頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用しているスカルプシャンプーを用いて洗髪する。爪などで頭皮に刺激を与えないよう洗髪する。

②加齢により不足する成分を補給

グロースファクター(成長因子)など、もともと人間の体内にあって加齢とともに減少していく、エイジングケア(年齢に応じたケア)に関する成分を補充する。

③保湿成分の補給

保湿成分が配合されたスカルプエッセンスで頭皮に潤いを与え、マッサージなどで血行促進を心がける。

フケやかゆみの原因となったり、育毛にとって大きな障害になる頭皮の乾燥。
保湿成分で潤いを与えるなど、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る

 

 

頭皮の赤みの原因と対策、そしてDeeperで頭皮臭に対してどう改善していくのか



頭皮が炎症を起こすと、頭皮は赤みを帯びます。
頭皮の炎症は「かゆみ」や「フケ」の原因になるため、早めのケアが必要です。
原因と対策を確認し、健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


原因

①頭皮のダメージ

頭皮というのは皮膚の中でも柔らかい部分である。そのため比較的、簡単に傷がつきやすい。傷がつき、そこに雑菌が繁殖し、赤みを帯びる。

②皮脂の過剰分泌

ストレスや栄養不足、睡眠不足などで過剰に分泌した皮脂は空気に触れることで酸化し、刺激を伴う過酸化脂質に変化し炎症の原因となる。

③身体に合わないシャンプーの使用

シャンプーのし過ぎなど過度な洗髪により皮脂を落とし過ぎたり、ゴシゴシ洗いや洗浄剤のすすぎ残しなどは頭皮の炎症の原因となる。

対策

①抗菌・抗炎症成分を補給する

抗菌・抗炎症成分で雑菌の繁殖を抑制する。かさぶたがある場合には無理やり壊さず、自然にはがれるのを待つ。

②皮脂の分泌のコントロール・抗酸化成分の補給

収れん(肌の引き締め)作用のある成分で、皮脂の過剰な分泌をコントロールしたり、抗酸化成分を補給し過酸化脂質への変化を抑制する。

③アミノ酸系洗浄成分のシャンプーの使用

晩の洗髪時に、頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用しているスカルプシャンプーを用いて洗髪する。爪などで頭皮に刺激を与えないよう洗髪する。

頭皮の赤みは「脂漏性皮膚炎」などの皮膚疾患の可能性もあります。
脂漏性皮膚炎とは主に皮脂分泌が過剰なところにかゆみ炎症フケなどを引き起こす皮膚疾患のことで、
症状が深刻すると抜け毛を引き起こすこともある厄介なトラブルです。
症状が軽いうちから早めにケアをすることが最も大切です。

頭皮の炎症を放っておくと、かゆみが発生し、フケの発生など負の連鎖が始まります。
負の連鎖に陥ってしまうと、改善させようにも長い時間が掛かってしまいます。
頭皮が赤みを帯びていたり炎症を起こした時には、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る

 

 

頭皮の脂っぽさの原因と対策、そしてDeeperで頭皮臭に対してどう改善していくのか



「洗髪しても頭皮のべたつきが気になる…。」
不快感を覚えるということは、きっと何か原因があるはずです。。
原因と対策を確かめ、健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


原因

①食生活

皮脂は文字通り"脂"であるため、普段から脂肪分の多いものを摂取していると皮脂も増える。ビタミンB2の不足やビタミンEの過剰摂取も皮脂の過剰分泌を招く。

②洗髪方法や洗髪頻度

汚れを気にしすぎて爪を立ててゴシゴシ洗ってしまったり、洗髪頻度が多いなど誤った洗髪方法は皮脂の過剰分泌を招く。

③DHT(ジヒドロテストステロン)

AGA(男性型脱毛症)の原因「DHT」は毛母細胞の活動を抑制しヘアサイクルを乱す。薄毛を進行させる特徴と、皮脂の分泌を促す性質がある。

対策

①食生活の改善

野菜や魚介類等をバランスよく摂取すること。髪に良い食べ物や髪に悪い食べ物など、健やかな髪を「食育」する情報をまとめた項はこちら

②シャンプー選びと洗髪方法の改善

晩の洗髪時に、頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用しているスカルプシャンプーを用いて洗髪する。頭皮に刺激を与えず洗髪する。

③DHT生成の阻害

DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついて発生する。この5αリダクターゼとの結びつきを阻害することでDHTの生成を抑制する。

皮脂の過剰分泌は、抜け毛の3大原因の1つである脂漏性脱毛症を招く恐れがあります。
抜け毛や薄毛のリスクにつながる恐れがあるため、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る

 

 

頭皮の血行促進の重要性、そしてDeeperで頭皮臭に対してどう改善していくのか



血行促進は、育毛にとって間違いなく重要なファクターの1つです。
育毛における血行促進の重要性、そして、血行促進成分について知っておけなければならないことを確認し、
健やかな頭皮環境を手に入れましょう。


血行促進の重要性

髪の毛を産生する毛母細胞は人間の体内で、最も細胞分裂が盛んな細胞の1つである。細胞分裂を繰り返すためには、それ相応の酸素と栄養素が必須である。
この毛母細胞が必要とする酸素と栄養素を運ぶ役割りを担っているのが血液の流れである。
つまり、健やかな血液循環こそが育毛に必要な酸素と栄養素を毛母細胞に運ぶので、血行促進は育毛にとって重要なファクターの1つとなる。
育毛効果が注目されたミノキシジルは元々、血管拡張効果を期待した飲み薬としてアメリカで広く利用されてきた。
しかし、 その副作用によって体の毛が濃くなる「多毛症」が多く発生し、そこから育毛剤としての研究開発が進められたという歴史がある。
これは血行促進と育毛の密接な関係を示す1つのエピソードであると言える。

知っておくべきこと

①血行促進成分や有用成分は浸透させてこそ

どれほど有用な血行促進成分やその他栄養成分を配合していても、角質層まで浸透しなくては効果が薄い。
また、血行促進成分は一時的に頭皮(地肌)のバリア機能が活性化し、成分の働きを妨げることがある。

②過剰な頭皮マッサージは禁物

頭皮マッサージは血行促進の一助となる。ただし、爪を立てるなどの過剰なマッサージは頭皮を傷付ける恐れがあるため、指の腹を用いた優しいマッサージがおすすめ。

③部分的な血行促進より全身の血行促進

栄養は内臓→血流→毛母細胞へと運ばれるため、頭皮だけでなく全身の血行促進が大切。頭皮マッサージで部分的な血行を促すより、入浴や運動などで全身の血行を促した方がずっと効果的である。

活発になった毛母細胞は多くの酸素と栄養素を必要とします。
そこに、酸素と栄養素を供給すると高い育毛効果が期待できますので、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る

 

 

頭皮の健康チェック



あなたの頭皮は今、健康ですか?
自分の頭皮をじっくり見ることはほとんどありません。そのため不調にも気が付きにくく、
不健康であっても気が付きにくいものです。 ご自身の頭皮の状態を確認してみましょう。


頭皮の色は今の頭皮の状態を表すシグナル


鏡を用意し、明るい場所で、自分の頭皮の色を見てみましょう(見えにくい場合は鏡を2つご用意してください)。
健康な頭皮とは「青白く透明感がある」状態です
この状態は、毛根部が活発で毛髪の生成がスムーズに行われている証拠です。
もし頭皮に赤みがある場合は、何か原因があるのかもしれません。
赤みがあったり黒ずみがある場合、毛根部の活力が低下して血流が滞っている恐れがあるので注意しましょう。
(頭皮の赤みの原因や対策は?⇒こちらからチェック



頭皮の皮脂量を見る


自分の皮脂量を確認する方法、それは、洗髪後にドライヤーで髪を乾かし、何も付けずに4~5時間待ちます。
そして皮脂の分泌が盛んに行われている前頭部や頭頂部に触れてみましょう。
カサついている場合は、乾燥肌タイプです。
皮脂でべたついている場合は、脂性肌タイプです。
(頭皮の乾燥の原因と対策は?こちらからチェック , 脂っぽい頭皮の原因と対策は?こちらからチェック

ご自身の頭皮の状態を確認し、何か異変を感じたらその原因と対策を知り、早めに適切なスカルプケアを行いましょう。


▲ページTOPへ戻る