3つの事実|モンゴ流スカルプエッセンス「Deeper®」

Deeper®トップ > 3つの真実
1万年を超えるモンゴロイドの歴史。DNAに刻まれていた2つの民族の豊な髪の秘密。それは科学をも覆すパワーを秘めている
真実1
モンゴル人とインディアンは日本人と同じモンゴロイドという人種であり、目・肌・髪の色、彫りの深さも同じであるという真実。
※ モンゴロイドとはモンゴル人種のことです。
※ モンゴル人やインディアンは日本人と同じ北方モンゴロイドです。
真実2
日本人には薄毛の人が多いのに、彼らの髪は黒々フサフサしていて薄毛が少ないという真実。
真実3
彼らが実際に古来より洗髪の時にイラクサ葉・根、ユッカ根、シーバックソーンを使っているという真実。
◎これらの3大伝承成分(イラクサ・ユッカ根・シーバックソーン)は全て原産国の原料を使用しています。
◎主要成分のイラクサエキスは日本での入荷が非常に難しい希少なものを使用しています。

髪と頭皮を健康に保つための成分を徹底研究

モンゴ流シリーズの開発は、髪と頭皮に起こる様々なトラブルの根本原因の分析から始まりました。
そして、髪と頭皮を健康に保つための成分を徹底的に研究しました。
日々研究を進めるうちに成分だけでなく、毛髪の悩みが少ない人種を探し出し、
その人種の生活体系を調べることにより、健康な髪を手に入れるための大きなヒントを見出したのです。
そして、研究の末にたどり着いたのは、モンゴル人とアメリカ原住民のインディアンです。

日本人と同じモンゴロイドであるモンゴル人やインディアンたち・・・

モンゴロイドの大移動地図 1万2千年前のモンゴロイドの大移動

約1万2千年前の大移動によって、各地に散らばったモンゴロイド。 その中でも、日本人と同じ祖先を持つ、モンゴル人やインディアンは太くて、黒々とした髪の持ち主が多く、 薄毛で悩む人がほとんどないことが分かりました。

モンゴル人、インディアン

あなたは、大相撲に代表されるモンゴル人力士やインディアンの中に薄毛の人を見つけましたか?

あなたがお使いのシャンプーやヘアケア用品に3大成分は入っていますか?

モンゴル人やインディアンの豊かな髪の秘密

 

モンゴロイド伝承成分1:イラクサエキス

イラクサ根・イラクサ葉エキス 原産国の原料を使用
モンゴル人の黒くフサフサな髪の秘密。それはモンゴルに自生するイラクサにありました。
彼らは日常的にイラクサの葉や根をすり潰したもので洗髪していたのです。

 

モンゴロイド伝承成分2:ユッカ根エキス

ユッカグラウカ根エキス 原産国の原料を使用
また、「頭髪に永遠の魂が宿る」として、髪を大切にしてきたインディアンの間にも古くから伝わっている伝承成分がありました。
それがユッカ根エキスです。

 

モンゴロイド伝承成分3:シーバックソーン

シーバックソーン(ウミクロウメモドキ油)
原産国の原料を使用
2つの伝承植物成分に加え、二つのモンゴロイドが生活するモンゴル高原やアリゾナ砂漠に共通して生育する植物、シーバックソーン(サジー)。

※上記は全て保湿・保護成分

3つのモンゴロイド伝承成分にそれらの働きをサポートする天然植物成分と、GF(成長因子)を始めとした最先端の成分を独自配合して生まれたのが、『モンゴ流スカルプエッセンスDeeper®』です。


カンカエキスイメージ

 

Deeperは3つの伝承成分とGF(成長因子)、合計43種類の有用成分を配合

モンゴロイド3大伝承成分:イラクサ根エキス・イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油(全て保湿・保護成分)
カンカエキス:シスタンケツブロサ茎エキス(保湿・保護成分)
GF(成長因子):ヒトオリゴペプチド-5、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31、トリペプチド-1銅(全て保湿・保護成分)