こだわり|モンゴ流スカルプエッセンス「Deeper3D®」

Deeper®トップ > Deeper3D®トップ > こだわり > キャピキシル(アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス)

キャピキシル

脱毛抑制



ご注意ください

キャピキシルの詳細
キャピキシルの詳細

■キャピキシルとは

キャピキシルとはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発された、 成長因子(アセチルテトラペプチド-3)と植物エキス(アカツメクサ花エキス)のプレミックス原料です。
アカツメクサには、有用成分としてイソフラボン類が豊富に含まれており、中でもビオカニンAと呼ばれる イソフラボンの一種には、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを強力に阻害する効果を持つことが メーカーから発表されています。
一方、4つのアミノ酸で構成されるアセチルテトラペプチド-3 は、極めて強力な細胞外マトリクスの 修復作用を持つため、毛包の構造維持に働きかけます。
加えて、育毛医薬品成分の3倍に相当する有用性成分であるということが確認されていることも注目すべき点です。
この2つの強力な成分を合わせて出来たのが、キャピキシルであり、脱毛を抑えつつ、育毛環境を著しく 向上させる作用があるため、業界で最も話題になっている育毛成分です。
Deeper3D®には、この貴重なキャピキシルを5%配合し、世界でもトップクラスの高い配合濃度を実現しました。

■なぜキャピキシルを配合したか

育毛の基礎3要素は「良い血行促進(細胞活性)・良い栄養補給・良い脱毛抑制」ですが、 そのうちの1つ「良い脱毛抑制」をしっかりと固めることができる成分を研究し、 このキャピキシルこそが「良い脱毛抑制」の基板に相応しいと考えたからです。
発毛を促進することができても、脱毛を減らさなければ薄毛は改善されません。
例えば、お風呂にお湯を溜める際に、浴槽の排水溝に栓をしないまま蛇口からいくらお湯を出しても 浴槽にお湯は溜まりません。
浴槽を頭皮に置き換え、お湯を頭髪に置き換え想像してみてください。
つまり、加える量を増やしながら失う量を抑制しなければ、浴槽にお湯が溜まらないように脱毛の量を抑制しなければ、薄毛が改善されることはないでしょう。

加齢や疲労過多・ストレス、生活環境などにより身体から失われていくものを補うことの重要性

> Deeper3D® こだわりページへ戻る <