髪のトラブル | モンゴ流シャンプー キオティル[QUIOTIL]

キオティルトップ > 知る > 髪のトラブル

女性の髪も薄くなる!?

女性の薄毛で一番多いのが『びまん性脱毛症』と言われるものです。
髪の抜け方が男性型脱毛症や円形脱毛症のように局所的ではなく、頭頂部から全体的に抜けていき、頭部全体が薄くまばらになるのが特徴です。

主な原因を見てみよう!

男性ホルモン
女性にもあるある
男性ホルモン
女性ホルモン
美髪に欠かせない
女性ホルモン
毛乳頭
髪を作る
毛乳頭

女性にもあるある男性ホルモン

男性ホルモン

男性ホルモンといえば男性・・・と思いがちですが、女性にも男性ホルモンは存在し、年齢と共に増加します。

この男性ホルモン。男性脱毛症の原因の95%を占めるといわれています。

実は男性ホルモンは5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモンDHTという物質に変化しますが、これには抜け毛を促進させる働きがあるのです。

男性ホルモンが5αリダクターゼによって男性ホルモンに変化すると、抜け毛を促進させる

女性の場合、通常は女性ホルモンによって男性ホルモンDHTの働きが抑えられていますが、加齢やストレス等によって女性ホルモンが減少すると男性ホルモンDHTの力を抑えきれなくなり、抜け毛が多くなります。


豊かな美髪に欠かせない女性ホルモン

女性ホルモン

女性ホルモンは、髪の毛にツヤとハリを与えてしっかりと支え、髪の毛が抜けないようにし、結果的に髪の量が増えるように働いています。
ところが、年齢を重ねると女性ホルモンが年々減ってくるため、抜け毛が多くなり、パサついた髪になってきてしまいます。

女性ホルモンが沢山あると・・・
艶々でさらっ&ふわっとした髪に!

女性ホルモンが少ないと・・・
ツヤのないパサパサの髪に・・・


髪を作る毛乳頭に元気がなくなると・・・

毛乳頭

加齢に伴い、毛母細胞に栄養や指令を送る毛乳頭が衰えていくと、髪にも元気がなくなります。原因は多岐に及びますが、血行不良や栄養不足等がその原因です。

皮脂不足

洗浄力の強すぎるシャンプーで髪を洗い続けると、必要な皮脂や皮脂膜まで取ってしまい、頭皮のバリア機能が失われてしまいます。

⇒キオティルはアミノ酸系洗浄成分で頭皮に優しく洗浄



血行不良

ストレス・加齢・喫煙などが原因で、血行不良になると、栄養が毛乳頭まで届けられず、パサ付いた、細く弱々しい髪しか生えません。



栄養不足

過剰なダイエットや偏食により、髪を作るのに必要な栄養が与えられないと、シンの強い、美しい髪は育ちません。

 

成分表

上記成分は保湿・保護作用により頭皮環境を健やかに保つ目的で配合しています。


フケとカユミの原因

フケ

フケは頭皮の新陳代謝によって、古くなった角質が剥がれ落ちていくものなので、誰にでもあるものですが、大量に出る場合は、頭皮に何らかのトラブルが起こっている可能性があります。

あなたのフケの原因は?

乾いたフケ
乾いたフケ
湿って大きなフケ
湿って大きなフケ

乾いたフケ

乾いたフケ

【原因1】 頭皮の乾燥

女性に多い、カサカサしたフケが出る場合は、頭皮の乾燥が考えられます。特に、洗浄力の強いシャンプーを使用していると、頭皮に必要な水分・油分が取られ、乾燥しやすくなってしまいます。

【対策】⇒頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分をメインとした保湿力の高いシャンプーのご使用をおすすめします。

【原因2】 シャンプーのすすぎ残しがフケに見える場合も・・・

シャンプーやコンディショナーがしっかりとすすげていないと、 ふけのように白い粉として残る場合があります。

【対策】すすぎは力を入れず、念入りに時間をかけて行ないましょう。

 洗浄剤の種類 
石油系

安価で洗浄力は高い。

石鹸系

洗浄力は高めでアルカリ性。

アミノ酸系

洗浄力がマイルドで弱酸性。
肌に優しく、保湿力がある。


湿って大きなフケ

湿って大きなフケ

【原因】 脂漏性皮膚炎

フケがべっとりしている状態なら、脂漏性皮膚炎を疑った方が良いでしょう。皮脂の分泌が盛んな人に見られ、大きなフケが大量に発生します。
皮脂が多いため、雑菌が繁殖し、頭皮が赤くなっている場合が多く、抜け毛の原因にもなります。

【対策】 洗浄力の強いシャンプーは×。優しい洗い上がりのシャンプーを。
皮脂が多いからと言って、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、タンパク変性をおこし、かえって脂が多く出ることも。
脂性の解決方法は頭皮に必要な油分を残し、頭皮の状態を弱酸性に引き締めてくれる優しい洗い上がりのシャンプーを選びましょう。

 洗浄剤の種類 
石油系

安価で洗浄力は高い。

石鹸系

洗浄力は高めでアルカリ性。

アミノ酸系

洗浄力がマイルドで弱酸性。
肌に優しく、保湿力がある。


カユミ

 頭皮にかゆみが起こる原因は、ほとんどがフケです。フケの原因を突き止め、正しく対処することでかゆみは次第に治まっていきます。

≪こんな点に注意≫
 ■ シャンプー時に力を入れて洗いすぎ
 ■ シャンプー後のすすぎが十分でない
 ■ 高級アルコール系洗浄成分や添加物に頭皮が反応し、かぶれたりする
 ■ 睡眠、運動不足、生活習慣の乱れ
 ■ 過度のストレス


白髪の原因

メラノサイトの活動が弱ると白髪が生える


白髪の原因は人によって大きく個人差がありますが、
直接的な原因は「メラノサイト」と呼ばれる細胞の働きが弱ることです。

髪の毛の色は、このメラノサイトという細胞で染色されているので、
下のような原因によってメラノサイトの活動が弱ってしまうと髪に色がつかず白髪が生えてしまうのです。

メラノサイトの活動が弱る原因

□ 栄養不足
□ 乾燥
□ ストレス
□ 遺伝(体質)
□ 加齢

モンゴ流シャンプーQuiotil(キオティル)には頭皮を保湿する目的でマイクロパウダー化したイラクサ、シーバックソーン、ホップ花エキスが配合されています。

イラクサ葉・根エキス
イラクサ根・葉
エキス

シーバックソーン(サジー)
シーバックソーン
(ウミクロウメモドキ油)

ホップ花エキス
ホップ花エキス


ヘアサイクルって?

肌が新陳代謝(ターンオーバー)によって生まれ変わるのと同じように、髪もヘアサイクルによって生まれ変わります。
ヘアサイクルが乱れてくると、だんだんとツヤやハリコシのない、細く弱々しい髪になります。
最近では若いうちから抜け毛・薄毛に悩む人も少なくありません。

 

健康的なヘアサイクル

健康的なヘアサイクルの図

約3~5年で成長し、抜け落ちます。
その後2~3ヶ月ほどで新しい髪が生えてきます。

 

乱れたヘアサイクル

乱れたヘアサイクルの図

成長期が短く、太く強く成長する前に抜けてしまう為、薄毛になりやすくなってしまいます。


髪の仕組み

↓ 気になる所をクリックしてね ↓

髪の仕組み

髪
毛細血管
毛乳頭
皮脂腺
頭皮

髪の仕組み:<髪>

髪の仕組み:髪

髪は頭皮の一部です。

毛母細胞が細胞分裂を繰り返して作られているのが髪です。頭皮の状態が良いほど、健康的で美しい髪を生み出します。

髪の構造

【キューティクル】

キューティクルは内部を保護しています。また光を反射し髪に光沢を与えます。

【メデュラ】

約90%を占めており。髪の色・弾力・太さ・やわらかさ、強さがここの質で決まります。

【コルテックス】

細い髪の場合。これが無いこともあり、髪の強さや弾力が決まります。

髪の99%は18種類のアミノ酸で構成されたケラチンタンパク質で出来ています。

髪の仕組み:<毛細血管>

髪の仕組み:毛細血管

毛細血管は髪を作る栄養を届けます。

毛細血管は、髪の毛を生むために必要な栄養素や酵素を髪を作る毛乳頭に届けます。
そのため、喫煙者や冷え性の人など、毛細血管が細くなると、必要な栄養を届けられず、細く、ツヤのない髪が生み出されます。

毛細血管が毛乳頭に栄養を届けます。

髪の仕組み:<毛乳頭>

髪の仕組み:毛乳頭

髪を作る毛乳頭

【毛乳頭】

毛細血管から受取った栄養や酵素を基に毛母細胞に細胞分裂をさせ、それを常にコントロールしています。

【毛母細胞】

24時間常に細胞分裂を繰り返しています。その細胞が角化(硬い髪の毛に変化)していくことによって髪の毛になります。

髪の仕組み:<皮脂腺>

髪の仕組み:皮脂腺

頭皮の皮脂腺は顔のTゾーンの2倍以上!

頭皮は、体の中でも皮脂腺や汗腺が多いので、とても汚れやすい部分です。

皮脂腺は顔のTゾーンの2倍以上もあってもっとも多く、汗腺は手のひらや足の裏に次いで多くあります。
そのため、シャンプーで皮脂などの汚れが十分に落としきれていないと、紅くなったり(紅斑)、かゆみやフケの原因ともなります。そのまま放っておくと、細菌が繁殖し、嫌なにおいを発生させます。

頭がにおう・・・

髪の仕組み:<頭皮>

髪の仕組み:頭皮

頭皮は顔と同じく『優しくケア』が大切!

地肌も、体の他の部分の皮膚と、しくみは同じです。
表皮の一番下の基底層では、たえず新しい細胞がつくられています。この細胞は形を変えながら徐々に表面に押し上げられ、約2~4週間程度で角層細胞となります。さらに約2週間程度で角片(目に見えないアカ)となって自然にはがれていきます。
角層からはがれ落ちた角片が目に見える大きさになった状態が、いわゆるフケと呼ばれるものです。
フケを出さないためには、頭皮に優しいシャンプーで、毎日丁寧に洗髪する事が大切です。

頭皮の拡大図