開発エピソード|スカルプシャンプー「モンゴ流シャンプーEX®」

開発エピソード

エピソード1

モンゴロイド3大伝承成分※を配合するため、あえて化粧品グレードで開発

モンゴ流シャンプーEX®医薬品でも医薬部外品でもありません
髪と頭皮を健康に保つために設計・開発されたシャンプーです。
化粧品グレードのシャンプーは薬用と表記できませんが、配合量や配合成分の制限にしばられることなく成分を高濃度配合したり、全く新しい成分を配合したりと、オリジナリティに溢れる製品を開発することができるのです。

モンゴ流シャンプーEX®の開発にあたっては、モンゴル人とインディアンの太く黒々とした毛髪をヒントに、それぞれの生活習慣を調べ、古来より洗髪に使用しているイラクサエキス、ユッカ根エキス、シーバックソーンなどの天然伝承成分に辿りつきました。
しかし、これらモンゴロイド3大伝承成分は医薬部外品原料規格内の成分ではないため、あえて化粧品グレードで開発しました。
これらの成分は全て原産国の原料にこだわっています。イラクサは根部と葉部を別々に抽出した成分を使用し、特に葉部は原産国でも少ない貴重なものです。
また、モンゴロイド3大伝承成分以外にも髪や頭皮を健康に保つための成分を徹底的に研究し、合計30種類もの天然植物成分を高配合した自然派スカルプシャンプーが誕生したのです。

モンゴ流シャンプーEX®は、本当に満足できる商品を作りたいという想いから開発された、非常に内容にこだわりのある本物のスカルプケアシャンプーです。

※イラクサ根エキス・イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒポファエラムノイデス果実油(全て保湿・保護成分)

エピソード2

中医整体の第一人者がシャンプーの開発秘話に共感
「モンゴル人の友人は実際にイラクサを使用していました。」

私は、中国吉林省で生まれ育ち、そこではモンゴル人(蒙古族)の友人が洗髪にイラクサを使用していました。そしてモンゴル人が古来より洗髪にイラクサを使っていることも知っていました。かねてからモンゴル人の友人と同じように、イラクサを使って手軽に洗髪できないものか、と思っていたところ「モンゴ流シャンプーEX®」と出会ったのです。 「モンゴ流シャンプーEX®」はモンゴル人やインディアンの生活様式における実話をヒントに誕生した商品です。日本人は、モンゴル人やインディアンと同じモンゴロイドですから、このシャンプーを日常的かつ継続的に使っていくことで、彼らと同じように髪で悩む人が少なくなるのでは…と、夢と期待に溢れる商品だと思います。

李 正日先生
李 正日先生

【李正日先生プロフィール】 中国中医研究所(日本の厚生労働省にあたる)で中医教授を勤めて、2001年来日以来中国伝統医学、中医薬技術の普及、交流を行い日中の架け橋となって活躍する中医整体の第一人者。政治家やプロ野球選手、プロゴルファーなど角界や芸能界を始め、元横綱からの信頼も厚く世界鍼灸学会連合会(WHO認定)の免許を取得した高い技術力を持つ整体師。