西洋人と東洋人で異なる髪質|スカルプシャンプー「モンゴ流シャンプーEX®」

西洋人と東洋人で異なる髪質

西洋人の髪質の特徴

西洋人

1本当たりの太さが日本人の髪の約半分とも言われるほど、西洋人の髪は“細く柔らかい”のが特徴で、太い髪質に比べるとコシやハリがないため、繊細な髪質とも言えます。もともと髪質がストレートの方は珍しく、カールやウェーブのある髪質の人が多い傾向にあります。

また、遺伝子レベルでも髪質には違いが見られます。例えば、肌の色が濃い遺伝子を持つ人は縮毛が多いのに対し、そうでない遺伝子の人は緩やかなウェーブのついた髪質が多いです。ちなみに、肌の色が濃い遺伝子を持つ人に縮毛が多く見られるのは、生まれ育った環境(温暖な気候)が大きく関係していると考えられています。

東洋人の髪質の特徴

東洋人

日本人を含む東洋人は、髪の毛1本当たりが平均して“太い”という特徴があります。太い髪の毛は、細い髪質に比べるとハリやコシがあり、うねりにくく直毛が多いと言われています。ただ、髪内部の層の1つであるコルテックスの分布に変化が生じると、乾いた状態でも髪にうねりが出てしまいます。

また、ハリ・コシが強く髪質は直毛が多いことと、黒髪のイメージが強いことから、日本人をはじめとする東洋人に対して毛量が多いイメージをお持ちの方も多いと思います。そのため、増毛発毛薄毛対策についてどこか他人事になってしまいがちですが、実際には髪の毛1本当たりが太い分、西洋人よりも髪の量(本数)は少なめです。

髪色を左右する要素とは

西洋人には金髪や赤毛が多く見られ、東洋人には黒髪が多く見られます。髪にあるメラニン色素には、ユーメラニンとフェオメラニンがあり、これらの総量、存在するバランスによって髪色が決まります。
ユーメラニンの割合が多いと黒髪に近づき、フェオメラニンの割合が多いと髪色は暖色に近づきます。フェオメラニンは赤褐色の色素で、濃度が低いと黄色みが強くなり、濃度が高いと赤みが強くなります。

このように、髪質の特徴は西洋人と東洋人で大まかに捉えることができます。ただ、同じ西洋人・東洋人であっても、髪質は個人ごとに違いが見られます。スカルプエッセンスを用いてヘアケアを行っていても、使用するヘアケア用品が髪質に合っていなければ意味がありません。育毛、健やかな美髪を目指すためには、髪質に合わせてケアすることが大切です。

ヘアケア用品を見直したいという方は、ヘアケア用品の通販を行う当サイトをご利用ください。当サイトでは、モンゴル人やインディアンが健康的で黒々とした髪の毛を持つ秘密をヒントに、開発・研究したスカルプエッセンスを販売しております。スカルプエッセンスの他、ボリューム感や滑らかな指通りなど、仕上がりの良さが人気のシャンプーも通販で取り扱っております。